DHC【カルニチン】細胞活性パワーで−4kgダイエットにチャレンジ!

SPONSORED LINK

  • 体重がなかなか元に戻らない
  • 食事の制限はしないでダイエットしたい
  • 疲れやすい

こんなお悩みがあるあなた、カルニチンサプリはいかがですか?

痩せたいけど、美味しいものを食べるのもやめれない方は、カルニチンがたまった脂肪を燃やしてくれます。

最近、4㎏体重が増え、そこから全く痩せません。

痩せなければ…..と思い、

巷で噂の【カルニチン】がダイエットにいいと聞き、早速取りいれる事にしました。

カルニチンとは?

カルニチンは赤身のお肉に多く含まれています。

アミノ酸の一種で、たんぱく質を原料として肝臓で作られています。

成人の体に20gほどあり、ほとんど筋肉に含まれています。

ダイエットに必要なカルニチンの働き

体内の脂肪は、消化酵素に分解されて、脂肪酸という物質になります。

この脂肪酸が小腸から吸収され、血液中に取り込まれます。

そして脂肪酸は燃焼の場であるミトコンドリア内に運ばれ、エネルギーを作りだしています。

その脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ役割になっているのが、カルニチンです。

カルニチンが減ると、ミトコンドリア内に脂肪酸を運べなくなり、疲れやすくなったり、痩せにくくなるわけです。

そして、年齢とともに、カルニチンも減っていく傾向があるようです。

カルニチンだけとれば、痩せれるか?

というとそれも違うようです。

ミトコンドリアはすべての細胞にありますが、多くはエネルギーを必要とする筋肉細胞にあります。

筋肉量がないと、筋肉細胞のミトコンドリアの数も減るわけです。

なので、ミトコンドリアの数を増やすためには、運動で増やす必要があるようです。

 

 

カルニチンの1日の摂取量

日頃から、貧血気味なのもあり、鉄分が多く含まれていそうな、赤身の肉を意識的に食べていました。

赤身の肉に、ダイエットに効果的な成分が含まれていたとは驚きました。

100g中の赤身の肉に60g前後のカルニチンが含まれていると言われています。

そして、ダイエットに必要な1日のカルニチン量が、500g。

女性って、そんなにお肉の量食べれませんよね。

ということで、カルニチンはサプリでとる方がとってもラクです。

安全・安心のサプリなら「DHC」

例えば、マルチビタミンなどの一般的なサプリと違って、カルニチンサプリなど高品質が求められるサプリは国産の「DHC」がおすすめです。

海外産は安くて配合量は多いですが、成分が酸化しないように人工セルロースが主体のカプセルで包埋されているので、人工的なニオイが気になります。

セルロースは一般的にただの繊維質と考えられていますが、その精製過程でなにが含まれているかは公開されていません。

それでも、マルチビタミンなど海外でも一般的でセルロースフリーなプリに関しては、安価な海外産を選ぶのも間違いではないと思います。

DHCは人口セルロースのかわりに、スーパービタミンEといわれるトコトリエノールでコーティングして、酸化を防いでいます。

トコトリエノール自体が、普通のビタミンEの50倍の抗酸化力ですので、カルニチンとの相乗効果が期待できます。

また品質に敏感な日本の企業ですので品質的にも安全です。

私も以前海外産のサプリを服用していましたが、コスパ(コスパ=改善効果/消費した金額)が悪かったので、今はコスパの良いDHCに頼っています。

 

 

カルニチン摂取 × 適度な運動で痩せやすい身体をつくる

−4kgダイエットするには「カルニチン」「ミトコンドリア」両方の数を増やすことがダイエットにとって大事だとわかりました。

日頃、あまり運動してなかったですが、負担にならない程度にまずはウォーキングくらいから始めようかなと思います。

カルニチン摂取と適度な運動がダイエット成功のカギですね。

ダイエットをお考えの方の参考になれたらと思います。

 

SPONSORED LINK
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!