子供のみまもりGPS【ソラノメ】と【Bsize BoT】を比較!口コミ、メリット、デメリットも

SPONSORED LINK

【ソラノメ】と【Bsize  BoT】をどちらで契約しようか悩んでいるという方がいるはずだと思い、今回記事にしてみました。

こんちは!しゅふのゆもです。

 

【ソラノメ】と【Bsize BoT】は、GPS端末を使った子どもを見守るサービスです。

 

2児の子持ちで、上の子が小学生の入学に合わせて、携帯のかわりに子供の見守りGPSを買いました。

 

私が契約しているのは、【 Bsize BoT】なんですが、今月2020年3月2日に【ソラノメsoranome】が発売されるようなので、その違いを紹介していきます。

Bsize BoTの詳しい口コミ記事はこちらから👇

【Bsize みまもり GPS BoT】リアルタイムでの子供の見守り・防犯はコレしかない!(レビュー)

よかったら参考にしてみてくださいね。

 

【ソラノメsoranome】と【Bsize  BoT】を比較

機種代、基本使用料、違約金、解約金などそれぞれについて比較します。

ソラノメBsize BoT
機種代金

13,200円(一括)

分割 550×24回(24回割賦払い)

4,800円(一括)
契約事務手数料3,000円0円
基本使用料490円480円
位置情報サービス基本使用料に含まれる基本使用料に含まれる
解約金・違約金なし。いつでも解約可なし。いつでも解約可
保障購入日から1年(自然故障に限る)

※オプション 200円(月額)

購入日から1年(自然故障に限る)
ゆも
機種代金は、断然Bsize BoTの方が安いですね~。でも、子供は色んなもの壊しちゃうんで、オプション保障がついてるソラノメも魅力的!
子供に携帯を持たせた場合とGPSを持たせた場合の、料金体系の比較もしていますので、よかったらこちらの記事ものぞいてってくださいね。👇

スペック

ソラノメBsize BoT(第2モデル)
本体サイズ51×51×15mm50 ✕ 50 ✕ 18 mm
重量39g (40gほど)※自宅で量ってみました
データ通信方式docomo/LTEdocomo/LTE
バッテリーリチウムイオン電池リチウムイオン電池 
カラーライトブルー/ピンク/イエロー/グレーマットホワイト
充電頻度1週間2週間~
私はBoT第1モデルを使ってますが、3日おきくらいの充電、結構忘れること多いです。
ただし、BoT第2モデルの充電頻度は、2週間くらいになってるみたいですね~。どひゃ~!知らないうちに、こんなに性能上がってるんだ!!びっくりです~!
スペック的には充電頻度以外の違い、ほぼないですね~。

主な特徴

ソラノメやBsize BoTは、GPS端末を使った子どもを見守るサービスです。

子供の居場所確認がリアルタイムでできる超便利なサービスなんですね。

それぞれの特徴を比較してみました。

ソラノメBsize BoT
アプリで簡単操作
到着地点の通知
電池残量の通知

防水、防塵

移動記録の確認
行動範囲外の通知
複数名での居場所確認
SOS通知

口コミ、メリット、デメリットは?

ソラノメは発売されたばかりで、口コミはほとんど見当たらないんですが、BoTを使っている私からみて、ソラノメの『SOS通知』機能がほんと~にBoTにもあればな~なんて思っちゃうくらい、いいサービスだと思います。
そのかわり、BoTは行動範囲の学習してくれるので、いつものルートから外れると、携帯に通知が来るんですね。
ソラノメは、例えば変出者に出会っただの、通学中に怪我をしたなんていう緊急事態の場合には、子供がぽちッとボタンでヘルプ発信ができます。
ゆも
これめちゃくちゃ大事な機能です。
BoTではこれが出来ないんで、SOSボタンがあるソラノメの方がすごく安心かな~なんて個人的には思いました
値段的には、圧倒的にBoTの方が安いんで、おすすめですね~。

【ソラノメ】申し込み方法

販売を開始したばかりのソラノメは、公式HPから申し込んでください。

 

公式HPはこちらから👇

「soranome(ソラノメ)」GPS端末を使用した子ども見守り用サービス

さいごに

子供の登下校や安全対策に携帯以外の選択肢として、 GPSはとっても便利ですよ。
でも、便利なサービスも頼りすぎず、日頃から緊急事態に備えて、どういった行動をしたらいいのか、子供とよ~く話合っておくことが一番大切ですね。
SPONSORED LINK
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!